FC2ブログ
PSO2 SA BOX
(C)SEGA「ファンタシースターオンライン2」で作成したシンボルアート(SA)を紹介するブログです。主にレトロゲームのキャラクターを作成しています。
 プロフィール

ほっとよう

Author:ほっとよう
PSO2 Ship8
プレイヤーIDネーム ほっとよう

【お知らせ】
アークスカードでも
SAを公開しています。
Ship8ビジフォンより
プレイヤーIDネーム
ほっとよう で検索!

※SAは個人で楽しむ事を
目的に作成しています。

Twitter
@Hotyou_takumisu

『PHANTASY STAR 
ONLINE 2』
公式サイト
http://pso2.jp/

 カテゴリ

 最新記事

 月別アーカイブ

 最新コメント

 最新トラックバック

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SA-273 ゼルダの伝説 夢をみる島DX (GBC)
【SA-273 ゼルダの伝説 夢をみる島DX】
1998年 - 任天堂 「ゼルダの伝説 夢をみる島DX」より
「りんく」のSAです。

ZeldaDX.png

ゼルダの伝説シリーズ初となる携帯ゲーム機用の作品。
物語は、1991年にスーパーファミコンで発売された
『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』の後日談にあたる。

リンク (りんく)
ハイラル王国で魔王ガノンを倒し平和をもたらした少年リンクは、
王国を後にし剣の修行に出た。
そして厳しい修行を終えた帰りの航海で不意に嵐に遭い、
乗っていた船は大破。
見た事も無い島「コホリント」に流されてしまう。
気を失っていたリンクを助けてくれたのは、
ゼルダ姫によく似た少女マリン。
リンクはハイラルに戻るため、コホリント島から
脱出する方法を探すのだった。

『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』の主人公と同一人物
とのことだが、外見がリンクに酷似していることと、後の作品でも
リンクと呼ばれることが多いためリンクとなっているが、
ゲーム中で彼がリンクと示唆されることは一切ない。
さらにゲーム中はカタカナ入力が使えないため
たとえ本人だとしても「りんく」となる。
また本作では任天堂の他作品キャラクターが
多数ゲストとして登場している。(Wikiより)

<参考ゲーム>
ZeldaDX1_.png
(C)Nintendo「The Legend of Zelda: Link's Awakening」(ゲームボーイカラー)

SAのダウンロードは こちら

※ダウンロードの前に、必ずガイドラインをお読みください。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sstotoyaya.blog.fc2.com/tb.php/296-0bbf6ae5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 メッセージボード

- Information -

初めての方は左記カテゴリより、<お知らせ>の「ガイドライン」を必ずお読みください。

ファイルについては
<お知らせ>の「ファイルの取扱いについて」を必ずお読みください。

不具合等、何かありましたらコメントか 下記メールフォームよりお知らせください。



-- E N D --
.
.

 シンボルアートアルバム

 ブログ内キーワード検索

 メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 リンク

お友達のサイトさん


このブログをリンクに追加する

 RSSリンクの表示

 QRコード

QR

 『ブロとも申請』はこちら♪

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。