FC2ブログ
PSO2 SA BOX
(C)SEGA「ファンタシースターオンライン2」で作成したシンボルアート(SA)を紹介するブログです。主にレトロゲームのキャラクターを作成しています。
 プロフィール

ほっとよう

Author:ほっとよう
PSO2 Ship8
プレイヤーIDネーム ほっとよう

【お知らせ】
アークスカードでも
SAを公開しています。
Ship8ビジフォンより
プレイヤーIDネーム
ほっとよう で検索!

※SAは個人で楽しむ事を
目的に作成しています。

Twitter
@Hotyou_takumisu

『PHANTASY STAR 
ONLINE 2』
公式サイト
http://pso2.jp/

 カテゴリ

 最新記事

 月別アーカイブ

 最新コメント

 最新トラックバック

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SA-266 アップルタウン物語 (FC)
【SA-266 アップルタウン物語】
1987年 - スクウェア・DOG (現スクウェア・エニックス)
「アップルタウン物語」より
「アニー」のSAです。

appletownstory.png

DOGブランド(スクウェアを中心とした
PCゲームメーカー7社の連合体)から発売された、
ファミコン用シミュレーションゲームで、内容は
一人の女の子の生活を観察するというゲーム。

女の子が朝起きるところからゲームが始まり、
やがて女の子は家の中で様々な行動をとるのだが
プレイヤーはその様子を見守る。
そして時にはアイコンのコマンドを使い、いろいろな物を届けたり、
ピアノを弾いてもらったり、占いをしてもらうこともできる。
なお、エンディングは存在しない。

女の子
アップルタウンに住む5歳の女の子。
名前はアニー、キャシーなどプレーヤーごとに異なる。
ペットの猫とお留守番をしているようだ。

本作の元ネタとなっているのは、
米国アクティビジョン社が開発した
『リトル・コンピュータ・ピープル』(1985年)という
ゲームで、当時は「これまでのゲームの概念を変えた!」と
いわれるほど画期的な企画だった。
観察対象であるコンピュータ・ピープルの人工頭脳に
スポットをあて、日々の生活の中から学習し、
生活していく有様をゲームの中で
確立させていくというものだった。
ただし、当時のコンピューターの容量の都合上
リアクションが少ないため、それを感じにくいというのが
非常に大きな欠点となってしまった。

時代と技術がマッチしなかったいわゆる
「早すぎた名作」となってしまった。(Wikiより)

<参考ゲーム>
appletownstory_.png
(C)SQUARE「アップルタウン物語」(ファミコン)

SAのダウンロードは こちら

※ダウンロードの前に、必ずガイドラインをお読みください。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sstotoyaya.blog.fc2.com/tb.php/288-09caec6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 メッセージボード

- Information -

初めての方は左記カテゴリより、<お知らせ>の「ガイドライン」を必ずお読みください。

ファイルについては
<お知らせ>の「ファイルの取扱いについて」を必ずお読みください。

不具合等、何かありましたらコメントか 下記メールフォームよりお知らせください。



-- E N D --
.
.

 シンボルアートアルバム

 ブログ内キーワード検索

 メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 リンク

お友達のサイトさん


このブログをリンクに追加する

 RSSリンクの表示

 QRコード

QR

 『ブロとも申請』はこちら♪

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。