FC2ブログ
PSO2 SA BOX
(C)SEGA「ファンタシースターオンライン2」で作成したシンボルアート(SA)を紹介するブログです。主にレトロゲームのキャラクターを作成しています。
 プロフィール

ほっとよう

Author:ほっとよう
PSO2 Ship8
プレイヤーIDネーム ほっとよう

【お知らせ】
アークスカードでも
SAを公開しています。
Ship8ビジフォンより
プレイヤーIDネーム
ほっとよう で検索!

※SAは個人で楽しむ事を
目的に作成しています。

Twitter
@Hotyou_takumisu

『PHANTASY STAR 
ONLINE 2』
公式サイト
http://pso2.jp/

 カテゴリ

 最新記事

 月別アーカイブ

 最新コメント

 最新トラックバック

SA-303 デジタル・デビル物語 女神転生 (FC)
【SA-303 デジタルデビル物語 女神転生】
1987年 - ナムコ(現・バンダイナムコエンターテインメント)
「デジタルデビル物語 女神転生」より
「中島」と「ゆみこ」の4連SAです。

megaten.png

1986年に西谷史が著した伝奇SF小説『デジタル・デビル・ストーリー』の
第1巻『女神転生』を原作としたRPG作品で、本作は原作小説やOVAの
続編という形をとっている。

中島とゆみこ
1980年代後半。天才的なプログラミング技術を持つ高校生・中島朱実は、
ひそかに「悪魔召喚プログラム」制作に没頭していた。
自らプログラムを組みながらも、悪魔を召喚する目的が見つからない中島は
稼動実験を躊躇していたのだが、自分に危害を加えた生徒達に復讐するため
プログラムを稼動、人間界に悪魔(デジタル・デビル)を召喚してしまう。
しかし、それによって実体化した魔王ロキやセトは、中島の命令を無視して
周囲の人間達を襲うようになってしまった。
召喚者である中島自身にも危機が迫った時、彼を救ったのが、転校生の
白鷺弓子だった。
彼女は日本創造の女神・イザナミ神の転生した姿だった。
そして中島はその夫、イザナギ神の転生した姿であるという。
前世からの深い因縁と絆によって結ばれていた二人は、熾烈な闘いの末に
悪魔たちを撃退するのだが・・・・。

本作はアトラスが開発し、ナムコによって販売されたが、後に開発元の
アトラスによってシリーズ化され『女神転生シリーズ』の原点となった作品である。
発売がナムコからアトラスの自社販売に変わった際に『真・女神転生』(1992年)と
タイトルを改め、システム面の幾つかの要素を引き継いだが、今作とは
ストーリーは完全に独立した新作として製作されている。(Wikiより)

<参考ゲーム>
megaten_.png
(C)namco「デジタル・デビル物語 女神転生」(ファミコン)

4連SAのダウンロードは こちら

※ダウンロードの前に、必ずガイドラインをお読みください。



スポンサーサイト
SA-302 高橋名人のBUGってハニー (FC)
【SA-302 高橋名人のBUGってハニー】
1987年 - ハドソン(現・コナミデジタルエンタテインメント)
「高橋名人のBUGってハニー」より「ハニー」のSAです。

BugutteHoney.png

ゲーム『高橋名人の冒険島』を原作とするTVアニメ
『Bugってハニー』をゲーム化した作品。
横スクロールのアクションゲームで1面ではハニーを、
2面以降は高橋原人を操作してクリアを目指す。

ハニー
原人のガールフレンドであるハチの妖精の女の子。
空を飛びながらハートを投げて攻撃する。
本作では監禁されている高橋原人を救うべく
STAGE1で活躍する。

高橋原人 (高橋名人)
本作ではキュラ大王によって監禁されている。
ハニーの活躍により救助され、STAGE2以降で活躍する。
得意武器はシリーズでおなじみの石斧。

本作はシンプルな横スクロールのアクションゲームかと思いきや
突然、要所要所にブロック崩しが挟まれる。
これは当初はみどり、ダル、ワンナップの3人組を主役とする横スクロール
アクションゲームとして企画され開発が進行していたが、
開発途中で突如内容を大幅に変更し、ブロック崩し部分は
当初「ピタゴラスの謎」という別のソフトで出される予定だった物を
取り入れることとなったと語られている。 (Wikiより)

<参考ゲーム>
BugutteHoney_.png
(C)Hudson「高橋名人のBUGってハニー」(ファミコン)

SAのダウンロードは こちら

※ダウンロードの前に、必ずガイドラインをお読みください。



SA-301 忍者ハットリくん (FC)
【SA-301 忍者ハットリくん】
1986年 - ハドソン(現・コナミデジタルエンタテインメント)
「忍者ハットリくん」より「ハットリくん」のSAです。

HattoriKun.png

藤子不二雄Ⓐによる漫画作品『忍者ハットリくん』を題材に
したアクションゲームで、副題は『忍者は修行でござるの巻』。
プレイヤーはハットリくんを操作し、現れる敵を倒しつつ、
制限時間以内に鳥居のあるゴールに辿り着くのが目的だ。

ハットリカンゾウ(服部貫蔵)
通称ハットリくん。
伊賀流の少年忍者で、服部半蔵の子孫らしい。
どんぐりまなこと「へ」の字口、頬の渦巻きがトレードマーク。
まだ少年ながらもあらゆる忍術に長けており、ゲーム中では
得意の手裏剣と忍法で全16エリアを目指す。

主人公のハットリくんの他にもシンゾウ、獅子丸、影千代などの
原作キャラクターが多数登場するが、特にライバルであるケムマキは
ハットリくんのライフを全快させてくれるサポートキャラとして登場する。
これは、当初開発側はケムマキを敵キャラとして出す予定であったが、
原作者・藤子不二雄Ⓐの「ケムマキは本当はハットリくんの友達なんです」
との発言により、急遽変更したという事が語られている。
(Wikiより)

<参考ゲーム>
HattoriKun_.png
(C)Hudson「忍者ハットリくん」(ファミコン)

SAのダウンロードは こちら

※ダウンロードの前に、必ずガイドラインをお読みください。



SA-300 桃太郎伝説外伝 (FC)
【SA-300 桃太郎伝説外伝】
1993年 - ハドソン(現・コナミデジタルエンタテインメント)
「桃太郎伝説外伝」より「桃太郎」のSAです。

MomotarouGaiden.png

おとぎ話『桃太郎』を題材にした、ハドソンの人気RPGシリーズの
外伝的作品。
シリーズの有名キャラクターである貧乏神、夜叉姫、浦島太郎を
それぞれ主人公とした3作の短編RPG「貧乏神伝説」「夜叉姫伝説」
「浦島伝説」がオムニバス形式で収録されている。

桃太郎
物語の大まかな流れは、主人公の桃太郎がイヌ、サル、キジを
お供につけて鬼が島の鬼を退治するという、昔話の『桃太郎』を踏襲した
内容だが、物語の中では『花咲かじいさん』や『金太郎』、『浦島太郎』など、
他の昔話のキャラクターが数多く登場する”桃太郎伝説”の主人公。
本作では物語の進行役として登場する。

この外伝の時系列は、『桃太郎伝説II』で桃太郎たちが地獄王をこらしめた
後にあたり、収録作品の1つ「夜叉姫伝説」では1年後であることが作中で
語られている。

なお、PCエンジン版のみタイトルが『桃太郎伝説外伝 第1集』となっており、
スタッフロールでは「第2集」の存在をほのめかす表記もあったが、
その語、第2集が発売されることはなかった。 (Wikiより)

<参考ゲーム>
MomotarouGaiden_.png
(C)Hudson「桃太郎伝説外伝」(ファミコン)

SAのダウンロードは こちら

※ダウンロードの前に、必ずガイドラインをお読みください。




 メッセージボード

- Information -

初めての方は左記カテゴリより、<お知らせ>の「ガイドライン」を必ずお読みください。

ファイルについては
<お知らせ>の「ファイルの取扱いについて」を必ずお読みください。

不具合等、何かありましたらコメントか 下記メールフォームよりお知らせください。



-- E N D --
.
.

 シンボルアートアルバム

 ブログ内キーワード検索

 メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 リンク

お友達のサイトさん


このブログをリンクに追加する

 RSSリンクの表示

 QRコード

QR

 『ブロとも申請』はこちら♪

この人とブロともになる