FC2ブログ
PSO2 SA BOX
(C)SEGA「ファンタシースターオンライン2」で作成したシンボルアート(SA)を紹介するブログです。主にレトロゲームのキャラクターを作成しています。
 プロフィール

ほっとよう

Author:ほっとよう
PSO2 Ship8
プレイヤーIDネーム ほっとよう

【お知らせ】
アークスカードでも
SAを公開しています。
Ship8ビジフォンより
プレイヤーIDネーム
ほっとよう で検索!

※SAは個人で楽しむ事を
目的に作成しています。

Twitter
@Hotyou_takumisu

『PHANTASY STAR 
ONLINE 2』
公式サイト
http://pso2.jp/

 カテゴリ

 最新記事

 月別アーカイブ

 最新コメント

 最新トラックバック

SA-286 超絶倫人ベラボーマン (PCE)
【SA-286 超絶倫人ベラボーマン】
1988年 - ナムコ(現・バンダイナムコエンターテインメント)
「超絶倫人ベラボーマン」より
「ベラボーマン」のSAです。

BravoMan.png

高度成長期の頃の日本のような
ノスタルジックな世界観を舞台にした
アクションゲーム。
腕や足はおろか首まで伸びる異色のヒーロー
「ベラボーマン」を操り、悪のロボット軍団と
戦うヒーローアクション。

ベラボーマン
ある日の残業を終えての帰り道、
突如として現れたアルファー遊星人から
超変身物質と銀の力によってスーパーヒーロー
ベラボーマンに変身できるようになった
平凡なサラリーマン「中村」。
世界征服の手始めとして新田4丁目への
侵略を開始した悪の科学者「爆田博士」率いる
ロボット軍団と戦うことを決意する。

本作のディレクターと音楽を担当した中潟憲雄 氏は
「好きなことをやらせてもらった」と語っており、中潟が
愛好する昭和30年代のヒーローもののオマージュという
形で製作が進められた。
また、『帰ってきたベラボーマン』という続編の企画構想が
あることも中潟は語っており、「主人公は離婚して失業中、
ホームレスにまで落ちぶれるが、変身して闘うことで本来の
自分を取り戻し、家族の元に帰る」という家族愛をテーマにした
感動巨編であるが、このテーマではゲームにならない(笑)とも
語っている。

ファンも多く人気のゲームでありながら
残念ながら現在までに続編は発売されていない。(Wikiより)

<参考ゲーム>
BravoMan_.png1
(C)namco「超絶倫人ベラボーマン」(PCエンジン)

SAのダウンロードは こちら

※ダウンロードの前に、必ずガイドラインをお読みください。



スポンサーサイト
SA-285 改造町人シュビビンマン (PCE)
【SA-285 改造町人シュビビンマン】
1989年 - 日本コンピュータシステム
「改造町人シュビビンマン」より
「シュビビンマン」のSAです。

Shubibiman.png

日本コンピュータシステムのメサイヤブランドによる
アクションゲーム。
当初約10万本を販売したが、発売から1年以上経過しても
毎月数十通の反響が寄せられるなどの人気作品となり、
予定されていなかった続編が製作されることとなった。

シュビビンマン (男)
博士から勝手に改造手術を施され、
悪の組織「亜空魔団」と戦うこととなった魚屋の青年「太助」。
支配された町を救うため戦う。

シュビビンマン (女)
博士から勝手に改造手術を施され、
悪の組織「亜空魔団」と戦うこととなった女子高生「キャピ子」。
改造手術前の二人は赤の他人で面識は無かった模様。

PCエンジン用のゲームソフトとして開発され
HuCARDで 『1』 と 『2』 が、CD-ROM2で 『3』 が発売された。
また、主人公を新キャラクターに変更した
『改造町人シュビビンマン零』がスーパーファミコン用に
開発されていたが発売中止となり、
後にサテラビュー対応ソフトとして配信されていたが、
サービスが終了したことにより、幻のソフトとなっていた。
その後、2017年6月30日に『零』がメサイヤブランドの
所有社であるエクストリームのライセンスを受けて
コロンバスサークルよりSFC/SFC互換機で動作する
カセットとして発売されファンも驚きと喜びに沸いた。
(Wikiより)

<参考ゲーム>
Shubibiman_.png
(C)Nippon Computer Systems 「改造町人シュビビンマン」(PCエンジン)

SAのダウンロードは こちら

※ダウンロードの前に、必ずガイドラインをお読みください。



SA-284 PC原人 (PCE)
【SA-284 PC原人】
1989年 - ハドソン(現・コナミデジタルエンタテインメント)
「PC原人」より
「原人」のSAです。

PCgenjin.png

小学館の『月刊PCエンジン』に連載されていた
4コマ漫画を原作にしたアクションゲーム。
PCエンジンでのアクションゲームとして
最大のヒットを記録し、のちにシリーズ化された。

原人
恐竜王国の平和を守るため、
悪の大王であるキングタマゴドンIII世にさらわれた
プリンセス・ドラゴンを救いに行く。
自身の持つ強烈な石頭を駆使した頭突き攻撃や、
原始肉を食べることで、PC猿人、PC変人へと2段階に
パワーアップし、敵を蹴散らす。

タイトルの由来はPCエンジンをもじったダジャレだが
PCの意味については、作中のロゴで「PithecanthropusComputerurus」
(Pithecanthropusは猿人、Computerurusはコンピュータをもじった造語) と
種別のようなものが書かれている。(Wikiより)

<参考ゲーム>
PCgenjin_.png
(C)Hudson「PC原人」(PCエンジン)

SAのダウンロードは こちら

※ダウンロードの前に、必ずガイドラインをお読みください。




 メッセージボード

- Information -

初めての方は左記カテゴリより、<お知らせ>の「ガイドライン」を必ずお読みください。

ファイルについては
<お知らせ>の「ファイルの取扱いについて」を必ずお読みください。

不具合等、何かありましたらコメントか 下記メールフォームよりお知らせください。



-- E N D --
.
.

 シンボルアートアルバム

 ブログ内キーワード検索

 メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 リンク

お友達のサイトさん


このブログをリンクに追加する

 RSSリンクの表示

 QRコード

QR

 『ブロとも申請』はこちら♪

この人とブロともになる