FC2ブログ
PSO2 SA BOX
(C)SEGA「ファンタシースターオンライン2」で作成したシンボルアート(SA)を紹介するブログです。主にレトロゲームのキャラクターを作成しています。
 プロフィール

ほっとよう

Author:ほっとよう
PSO2 Ship8
プレイヤーIDネーム ほっとよう

【お知らせ】
アークスカードでも
SAを公開しています。
Ship8ビジフォンより
プレイヤーIDネーム
ほっとよう で検索!

※SAは個人で楽しむ事を
目的に作成しています。

Twitter
@Hotyou_takumisu

『PHANTASY STAR 
ONLINE 2』
公式サイト
http://pso2.jp/

 カテゴリ

 最新記事

 月別アーカイブ

 最新コメント

 最新トラックバック

SA-189 仮面ライダーBLACK 対決シャドームーン (FC)
【SA-189 仮面ライダーBLACK 対決シャドームーン】
1988年 - バンダイ(現:バンダイナムコエンターテインメント)
「仮面ライダーBLACK 対決シャドームーン」より
「仮面ライダーBLACK」のSAです。

BLACK.png

『仮面ライダーBLACK』を原作とした横スクロールのアクションゲーム。
プレイヤーは仮面ライダーBLACKとなり、暗黒結社ゴルゴムの怪人や
猛獣軍団と戦い、ラスボスのシャドームーンとの決戦に向かう。

仮面ライダーBLACK
大学生の南光太郎が変身する太陽の力を持つ仮面ライダー。
暗黒結社ゴルゴムによって拉致され、生態改造手術を受けて
世紀王ブラックサンとされたが、脳改造の前に脱出。
以後、仮面ライダーBLACKを名乗り、バイク形生命体バトルホッパー
とともにゴルゴムの陰謀に立ち向かう。

スタート画面の光太郎から仮面ライダーBLACKに変身するエフェクトは
ファミコンにしては原作のようにかっこよく表現されている。
しかし、昔ながらのバンダイのキャラゲーといった内容で、
操作性の悪さと絶望的な難易度となっていて、
『仮面ライダーBLACK』のゲームのはずなのに、圧倒的な強さで
ゴルゴムの怪人にライダーがボコボコにされる。

カメより動きの遅い改造人間、当たらないパンチとキック、
必殺技のライダーキックも、クリーンヒットしなければ
自分にダメージが返ってくる、回復アイテムも無敵時間もなく、
驚異的なスピードで襲ってくる怪人に『ずっと俺のターン』的な
ハメ殺しに合い、ただただ画面を見つめるのみである。
きわめつけが、ラスボス「シャドームーン」に負けるとゲームオーバーではなく
「シャドームーンが創世王になり地球はゴルゴムに征服される」という
バッドエンドが用意されており、コンティニューはできない。
つまり、どれだけ苦労をしてラストステージにたどり着いても、
ラスボス戦で敗北をすれば全てパーになるという恐ろしい仕様である。
・・・おのれゴルゴム! (Wikiより)

<参考ゲーム>
BLACK_.png
(C)BANDAI「仮面ライダーBLACK 対決シャドームーン」(ファミコン)

SAのダウンロードは こちら

※ダウンロードの前に、必ずガイドラインをお読みください。


スポンサーサイト



SA-188 機動戦士Ζガンダム ホットスクランブル (FC)
【SA-188 機動戦士Ζガンダム ホットスクランブル】
1986年 - バンダイ(現:バンダイナムコエンターテインメント)
「機動戦士Ζガンダム ホットスクランブル」より
「Ζガンダム」のSAです。

Zgundam.png

アニメ『機動戦士Ζガンダム』を題材にしたアクションシューティングゲーム。
ファミリーコンピュータ初の「ガンダムシリーズ」のゲームで、
プレイヤーはΖガンダムを操作して、ティターンズおよび
アクシズの部隊と戦闘する。
メインのゲームデザインは『ゼビウス』『ドルアーガの塔』などを手掛けた
ゲームスタジオ(1985年に独立し設立)の遠藤雅伸 氏、サウンドプログラマーは
『ラリーX』『ギャラガ』『マッピー』などを手掛けた同ゲームスタジオの
大野木宣幸 氏で、原作アニメの主題歌である「Ζ・刻を越えて」
「水の星へ愛をこめて」「星空のBelieve」の3曲のアレンジを手掛けている。

Zガンダム
反地球連邦政府組織「エゥーゴ」の試作型ガンダムタイプMSで、
航空機形態に変形する可変MS。
「ガンダムMk-II」に次ぐ愛機として物語後半より、
主人公「カミーユ・ビダン」が搭乗する。

典型的なステージクリア型のゲーム構成で、エンディングは存在せず、
Zガンダムが撃破されてゲームオーバーとなった際、特定の面数を
クリアしていると、スタッフロールが流れてゲーム終了となる。
(Wikiより)

<参考ゲーム>
ZGUNDAM_HS.png
(C)BANDAI「MOBILE SUIT Ζ GUNDAM」(ファミコン)

SAのダウンロードは こちら

※ダウンロードの前に、必ずガイドラインをお読みください。


SA-187 ポケットザウルス 十王剣の謎 (FC)
【SA-187 ポケットザウルス 十王剣の謎】
1987年 - バンダイ(現:バンダイナムコエンターテインメント)
「ポケットザウルス 十王剣の謎」より
「ハシモトザウルス」のSAです。

pzaurusu.png

バンダイの社員だった橋本名人をモチーフとした
「ハシモトザウルス」が活躍するアクションゲーム。
当時、ポケットザウルスという恐竜の形をした文具が
大流行しており、あまりの人気ぶりにそのキャラクターを生かした
ファミコン用ゲームソフトとして発売された。

ハシモトザウルス
歴史学者であり、優れた科学者でもあるハシモトめいじんが
邪悪なポケットザウルス「サラマンダー」によって変えられた姿。
ハシモトザウルスは元の姿に戻るため、得意のブーメランを持って
タイムマシンに乗り、様々な時代を移動しながらサラマンダーを
倒すための旅を続ける。

橋本名人(ゲームではハシモトめいじん)
ハドソンの高橋名人や毛利名人のような、当時のファミコン名人ブームに乗り、
「橋本名人」として同社の営業を担当する。
赤い眼鏡が特徴的であったが、実は伊達眼鏡である。
その後、ゲーム自体のプロデューサーを務めるようになり、1991年にバンダイを退社し
コブラチームを設立。同社で引き続きキャラクターゲームの制作を担当する。
伊達眼鏡はバンダイ時代の特徴という思いから現在はかけていない。
1994年、同社がスクウェアの子会社になったのを期にソリッドへと社名変更。
それまでの実績を買われ、スクウェアの外注作品を全面的に管理するようになる。
その後はスクウェア本社へと移籍し、『ファイナルファンタジーシリーズ』を手がけるようになり、
『キングダム ハーツ』、『FF7AC』などのゲーム業界外の会社が関わるタイトルや
営業担当執行役員として旧エニックスの作品にも関わっている。
また、2007年にエグゼクティブプロデューサーを務めたDS用ソフト
『すばらしきこのせかい』では、ゲームクリア後のパラレル世界で
名乗りこそはしないが赤いメガネをかけた「名人」という人物が登場した。
(Wikiより)

<参考ゲーム>
P_zaurusu_.png
(C)BANDAI「ポケットザウルス 十王剣の謎」(ファミコン)

SAのダウンロードは こちら

※ダウンロードの前に、必ずガイドラインをお読みください。


SA-186 ウルトラマン倶楽部2 帰ってきたウルトラマン倶楽部 (FC)
【SA-186 ウルトラマン倶楽部2 帰ってきたウルトラマン倶楽部】
1990年 - バンダイ(現・バンダイナムコエンターテインメント)
「ウルトラマン倶楽部2」の4連SAです。

ultraman.png

SDウルトラマンの「ウルトラマン倶楽部」が活躍するRPG。
テレビ番組の国内向けウルトラシリーズが81年から96年までは
製作されなかったので、当時進行中のウルトラシリーズは
ゲームが中心となっていた。

ウルトラマンとウルトラ兄弟
宇宙警備隊員のウルトラマンは地球基地隊長であるゾフィーの命を受け、
バルタン星人Jrに襲われたピグモン村に向かい倒すことに成功する。
しかしこの事件をきっかけに、親であるバルタン星人が各宇宙人を利用し
ウルトラマンに復讐を開始した。
ウルトラマン・ウルトラセブン・帰ってきたウルトラマン・ウルトラマンエース・
ウルトラマンタロウは各地で起こる侵略事件を解決していく。

SDの「ウルトラマン倶楽部」のゲームであるが、ウルトラマンらしさをふんだんに
盛り込んだ作品となっている。
「Dの食卓」「リアルサウンド〜風のリグレット〜」「エネミーゼロ」などを制作した
飯野賢治氏のデビュー作でもある。(Wikiより)

<参考ゲーム>
ultraman_.png
(C)BANDAI「ウルトラマン倶楽部2 帰ってきたウルトラマン倶楽部 」(ファミコン)

SAのダウンロードは こちら

※ダウンロードの前に、必ずガイドラインをお読みください。


SA-185 悪魔くん 魔界の罠 (FC)
【SA-185 悪魔くん 魔界の罠】
1990年 - バンダイ(現・バンダイナムコエンターテインメント)
「悪魔くん 魔界の罠」の4連SAです。

akumakun.png

水木しげる原作の『悪魔くん』のアニメ版を元にしたRPG。
一万年に一人現れる人間界に楽園を築くと言われる
「悪魔くん」として認められた主人公「埋れ木真吾」が、
12使徒を仲間に加えつつ人間界に災いを起こす悪魔を退治していく。
自由に仲間を召喚して戦わせる戦闘システム、自分で魔法を研究して
修得する実験システムなど特徴的なシステムを搭載した作品で
システムの完成度も高く、ゲームバランスも良い。
ただ残念な事に、メッセージ速度を変えることが出来ないため
戦闘のテンポはイマイチとなっている。

悪魔くん
悪魔くんには主人公や設定の異なる原作が3種類、
ドラマが2種類、アニメが1種類存在する。
共通しているのは、「悪魔くんと呼ばれる一万年に一人の天才少年が、
悪魔の力を借りて全人類を幸せに導こうとする」という点である。
アニメやゲーム化された「埋れ木真吾」は3人目の悪魔くんであり、
原作の最後には初代悪魔くん「松下一郎」も登場する。
この初代悪魔くんは1976年に「月刊少年ジャンプ」に掲載された
「復活! 悪魔くん」で「ゲゲゲの鬼太郎」と対決しており、鬼太郎は
妖怪の大群を率いて悪魔くんに立ち向かうも、髪の毛針を使い果たし、
チャンチャンコまでも失うという大苦戦を強いられている。
しかしこれは地上の混乱を望む魔女の悪だくみによるものと解り、
悪魔くんは鬼太郎に和解を申し入れ共に魔女と戦った。(Wikiより)

<参考ゲーム>
akumakun_.png
(C)BANDAI「悪魔くん 魔界の罠」(ファミコン)

SAのダウンロードは こちら

※ダウンロードの前に、必ずガイドラインをお読みください。


SA-184 仮面ライダー倶楽部 激突ショッカーランド (FC)
【SA-184 仮面ライダー倶楽部 激突ショッカーランド】
1988年 - バンダイ(現:バンダイナムコエンターテインメント)
「仮面ライダー倶楽部 激突ショッカーランド」より
「ライダー2号」のSAです。

riderkurabu.png

デフォルメ化された「仮面ライダーシリーズ」のキャラクターが
活躍するアクションRPG。
仮面ライダー1号、仮面ライダー2号、仮面ライダーV3がそれぞれ
主人公になっており、途中で現れる怪人を倒しながらステージを進み
最終ボスを目指す。
また、各エリアには仮面ライダーアマゾン、仮面ライダーX、
仮面ライダーストロンガーが「お助けライダー」として登場し、
仲間に加えることができる。

ライダー2号
1号によって救出された2人目の仮面ライダー。
パワーの高さが特徴でパワーを活かした戦いを得意とする。
ゲーム中のデザインは旧2号の姿になっていて、
必殺技はライダーチョップ、ライダーキック、ライダーがえし、
ライダーきりもみシュート、サイクロンたいあたり、となっている。
(Wikiより)

<参考ゲーム>
riderkurabu_.png
(C)BANDAI「仮面ライダー倶楽部 激突ショッカーランド」(ファミコン)

SAのダウンロードは こちら

※ダウンロードの前に、必ずガイドラインをお読みください。


SA-183 ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境 (FC)
【SA-183 ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境】
1986年 - バンダイ(現:バンダイナムコエンターテインメント)
「ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境」より
「鬼太郎」のSAです。

kitarou.png

鬼太郎
かつて人間以前に地上を支配していた幽霊族の末裔で、
幽霊族の父と人間の母との間に生まれた混血だが、
母は鬼太郎を身ごもった状態で病死し、その埋葬された遺体から
鬼太郎は生まれ出た。
鬼太郎誕生当時を描いた作品では母の名は出てこないが、
原作最終回などで、「岩子(いわこ)」と言う名が明かされている。

目玉おやじ
鬼太郎の父親で眼球に体が付いた姿。
手のひらに載るサイズだが、非常に博学で知識面で鬼太郎たちを
サポートすることも多い。
かつて地上を支配していた種族である幽霊族の生き残りであり、
鬼太郎誕生以前は、不治の病である「溶ける病」を患い、
ミイラ男のような風貌をしていた。
身ごもった妻とひっそり暮らしていたが妻ともども病死。
鬼太郎を案じて自らの遺体の眼球に魂を宿らせて生き返り、
現在の姿となった。(Wikiより)

<参考ゲーム>
kitarou_.png
(C)BANDAI「ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境」(ファミコン)

SAのダウンロードは こちら

※ダウンロードの前に、必ずガイドラインをお読みください。


SA-182 まじかる☆タルるートくん FANTASTIC WORLD !! (FC)
【SA-182 まじかる☆タルるートくん FANTASTIC WORLD !!】
1991年 - バンダイ(現:バンダイナムコエンターテインメント)
「まじかる☆タルるートくん FANTASTIC WORLD !!」より
「タルるート」のSAです。

Taluluto_mimolla.png

タルるート (まじかる☆タルるートくん FANTASTIC WORLD!!)
江戸城本丸によって召喚された自称「大魔法使い」、たこ焼きが大好物。
外見は幼児であるが実際の年齢は不詳であり人間ではないため、
本丸より年上である可能性もあるが、内面も見た目通りの幼稚園児程度のようだ。
魔法界の落ちこぼれなので魔法の有効時間はわずか10分だけで、
母親は一般的な人間の姿をしているが、父親は魔物のような外見をしている。
普段は幼児程度の体型だが体の大きさは自由自在に変えることができ、
巨大化や極端に体を縮小させることも可能である。
本丸の机の引き出しに自分の部屋を作り、夜は基本的には体を縮小させて
本丸の机の引き出しの中で就寝しているが、体を縮小させずに
本丸の布団で一緒に寝ることもある。

ミモラ (まじかる☆タルるートくん2 ~まほうだいぼうけん~)
魔法の幼稚園時代のタルるートの同級生。
給食に大嫌いなたこ焼が出て、困り果てている時に、
タルが先生が見ていない隙をついて給食を食べてしまう。
単なる盗み食いを「助けるために食べてくれた」と勘違いして、
この一件でタルるートに恋愛感情を抱くようになる。
魔法の有効期間は30分で、「タルるートの恋人」をしばしば自称している。

前作は「タルるート」のみが使用キャラだったが
1992年に発売された「2」からは「タルるート」「本丸」「ミモラ」の
3名を選べるようになった。(Wikiより)

<参考ゲーム>
Taluluto12_.png
(C)BANDAI「まじかる☆タルるートくん FANTASTIC WORLD!!」(ファミコン)
(C)BANDAI「まじかる☆タルるートくん2 ~まほうだいぼうけん~」(ファミコン)

① タルるートのダウンロードは こちら
② ミモラのダウンロードは こちら

※ダウンロードの前に、必ずガイドラインをお読みください。


SA-181 サンダーフォースⅤ (SS)
【SA-181 サンダーフォースⅤ】
1997年 - テクノソフト 「サンダーフォースⅤ」より
「GAUNTLET」「VAMBRACE」「BRIGANDINE」のSAです。

TF5_GV.png

22世紀初頭に冥王星外部にて発見された人工物体は、
現人類の水準を遙かに超えた技術によって建造された戦闘兵器だった。
人類はそれを"Vasteel"と名付け、その技術を用いてしばしの繁栄の時代を謳歌していた。
西暦2150年、人工知能「ガーディアン」は突如、人類からの独立を宣言、
全地球圏に宣戦を布告した。
劣勢に回った人類は"Vasteel"のレプリカ、超高機動小型戦闘機「RVR-01 GAUNTLET」を開発する。
そして、大型無人人工島「バベル」及び人工知能「ガーディアン」破壊のために結成された
特殊戦闘機部隊"Thunder Force"による作戦が開始された。

機体
RVR-01 "GAUNTLET"(ガントレット)
"Vasteel"の設計を模倣する形で開発された超高機動小型戦闘機。
RVRとは「Refined Vasteel Replica」を意味する。カラーリングは青。
セネス機は、RVR-02への乗り換え時に分解された。
当初7機存在していたが現在は全て失われている。

 「GAUNTLET」のダウンロードは こちら

RVR-02 "VAMBRACE"(ヴァンブレイス)
現人類が持つ技術と"Vasteel"の技術を融合させて設計、開発された機体。
量産性に問題を抱えていたため、実戦への投入は見送られていた。
大気圏突破のためのブースターとして接合された支援強化ユニット
"BRIGANDINE"と、RVR-01のコックピットを換装する形で乗り換えることとなった。

 「VAMBRACE」のダウンロードは こちら

BRIGANDINE.png

RVR-02B "BRIGANDINE"(ブリガンディー)
"VAMBRACE"にRVRシリーズの支援強化ユニット
"BRIGANDINE"を接合したもの。
単体での大気圏突破能力に加え、CRAW強制増殖機構によって
オーバーウェポンの恒常的使用が可能。
更に強力なシールドも兼ね備える強行型の機体。

パイロット
セネス・CTN・クロフォード(Cenes=[CTN]=Crawford)
特殊戦闘機部隊222、通称"Thunder Force"の隊長。階級は大尉。
"Vasteel"がもたらした、成体クローンによる蘇生技術「Circulate-Death」の
契約者であり、既に2度戦死を経験している。
そのため肉体年齢18歳、実年齢32歳となっている。
(Wikiより)

<参考ゲーム>
TF5.png
(C)Tecno Soft「THUNDER FORCE Ⅴ」(セガサターン)

「BRIGANDINE」のダウンロードは こちら

※ダウンロードの前に、必ずガイドラインをお読みください。



 メッセージボード

- Information -

初めての方は左記カテゴリより、<お知らせ>の「ガイドライン」を必ずお読みください。

ファイルについては
<お知らせ>の「ファイルの取扱いについて」を必ずお読みください。

不具合等、何かありましたらコメントか 下記メールフォームよりお知らせください。



-- E N D --
.
.

 シンボルアートアルバム

 ブログ内キーワード検索

 メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 リンク

お友達のサイトさん


このブログをリンクに追加する

 RSSリンクの表示

 QRコード

QR

 『ブロとも申請』はこちら♪

この人とブロともになる