FC2ブログ
PSO2 SA BOX
(C)SEGA「ファンタシースターオンライン2」で作成したシンボルアート(SA)を紹介するブログです。主にレトロゲームのキャラクターを作成しています。
 プロフィール

ほっとよう

Author:ほっとよう
PSO2 Ship8
プレイヤーIDネーム ほっとよう

【お知らせ】
アークスカードでも
SAを公開しています。
Ship8ビジフォンより
プレイヤーIDネーム
ほっとよう で検索!

※SAは個人で楽しむ事を
目的に作成しています。

Twitter
@Hotyou_takumisu

『PHANTASY STAR 
ONLINE 2』
公式サイト
http://pso2.jp/

 カテゴリ

 最新記事

 月別アーカイブ

 最新コメント

 最新トラックバック

SA-303 デジタル・デビル物語 女神転生 (FC)
【SA-303 デジタルデビル物語 女神転生】
1987年 - ナムコ(現・バンダイナムコエンターテインメント)
「デジタルデビル物語 女神転生」より
「中島」と「ゆみこ」の4連SAです。

megaten.png

1986年に西谷史が著した伝奇SF小説『デジタル・デビル・ストーリー』の
第1巻『女神転生』を原作としたRPG作品で、本作は原作小説やOVAの
続編という形をとっている。

中島とゆみこ
1980年代後半。天才的なプログラミング技術を持つ高校生・中島朱実は、
ひそかに「悪魔召喚プログラム」制作に没頭していた。
自らプログラムを組みながらも、悪魔を召喚する目的が見つからない中島は
稼動実験を躊躇していたのだが、自分に危害を加えた生徒達に復讐するため
プログラムを稼動、人間界に悪魔(デジタル・デビル)を召喚してしまう。
しかし、それによって実体化した魔王ロキやセトは、中島の命令を無視して
周囲の人間達を襲うようになってしまった。
召喚者である中島自身にも危機が迫った時、彼を救ったのが、転校生の
白鷺弓子だった。
彼女は日本創造の女神・イザナミ神の転生した姿だった。
そして中島はその夫、イザナギ神の転生した姿であるという。
前世からの深い因縁と絆によって結ばれていた二人は、熾烈な闘いの末に
悪魔たちを撃退するのだが・・・・。

本作はアトラスが開発し、ナムコによって販売されたが、後に開発元の
アトラスによってシリーズ化され『女神転生シリーズ』の原点となった作品である。
発売がナムコからアトラスの自社販売に変わった際に『真・女神転生』(1992年)と
タイトルを改め、システム面の幾つかの要素を引き継いだが、今作とは
ストーリーは完全に独立した新作として製作されている。(Wikiより)

<参考ゲーム>
megaten_.png
(C)namco「デジタル・デビル物語 女神転生」(ファミコン)

4連SAのダウンロードは こちら

※ダウンロードの前に、必ずガイドラインをお読みください。



スポンサーサイト
SA-296 サンドラの大冒険 ワルキューレとの出逢い (SFC)
【SA-296 サンドラの大冒険 ワルキューレとの出逢い】
1992年 - ナムコ(現・バンダイナムコエンターテインメント)
「サンドラの大冒険 ワルキューレとの出逢い」より
「サンドラ」のSAです。

Sandra.png

本作は、ファミコン用ソフト『ワルキューレの冒険 時の鍵伝説』(1986年)、
アーケードゲーム『ワルキューレの伝説』(1989年)に登場するキャラクター
「サンドラ」を主人公にしたアクションゲーム。
物語は『ワルキューレの冒険』より過去の出来事にあたり、
サンドラが故郷を旅立ち、ワルキューレと出会うまでの
物語が描かれている。

クリノ・サンドラ
正義感が強く、生真面目で心優しいサンドラ族の青年。
本職は農夫だが、凶悪なシーザスを一撃で倒すほどの
戦闘力を持った一族最強の戦士である。

サンドラはマーベルランドの片田舎サンドランドで
妻と息子の3人で平和に楽しく暮らしていた。
しかしある日、サンドランドが爆音と共に陥没を起こし
空からは死の灰が降り注ぎ、住民は次々と風化病で倒れていく。
そしてついに、サンドラの息子も風化病にかかってしまった。
途方に暮れるサンドラと妻。しかし、「幻の薬」があれば、
風化病は治せるという話を聞き、サンドラは、「幻の薬」を探す旅に出る。
そして旅の中で蘇った魔王ゾウナがもたらす災いの数々を目の当たりにし、
平和を取り戻すべくゾウナに戦いを挑むのであった。

随所に挿入される会話シーンにおける選択肢によって結末が分岐する
マルチエンディングとなっているが「ワルキューレと出会い仲間になる」のが
ストーリー上の正史であるため、そこに繋がらない結末は全てバッドエンド
扱いになっている。(Wikiより)

<参考ゲーム>
Sandra_.png
(C)namco「サンドラの大冒険 ワルキューレとの出逢い」(スーパーファミコン)

SAのダウンロードは こちら

※ダウンロードの前に、必ずガイドラインをお読みください。



SA-295 コズモギャング・ザ・ビデオ (SFC)
【SA-295 コズモギャング・ザ・ビデオ】
1992年 - ナムコ(現・バンダイナムコエンターテインメント)
「コズモギャング・ザ・ビデオ」より
「コズモギャングズ」のSAです。

CosmoGang.png

名作『ギャラクシアン』(1979年)シリーズと同系統の固定画面型の
シューティングゲームで、通常ステージとチャレンジングステージの
全36ステージ構成。2人同時プレイも可能となっている。

ストーリー
宇宙要塞アンコクを本拠とする宇宙盗賊団「コズモギャングズ」が、
手下を引き連れ惑星アーキンドに侵略してくる。
コズモポリスは戦闘機ハイパービートで迎え撃て!
盗賊団のボス、ドンコズモを倒し、宇宙要塞を破壊せよ!

『コズモギャングズ』 (エレメカ)
今作がモチーフとしているエレメカで
コズモギャングシリーズ最初の作品。
プレイヤーはエネルギーコンテナを奪いに奥から手前へと
向かってくるコズモたちを光線銃で撃退する。

コズモギャング・ザ・パズル
コズモギャングズのキャラクターを使った
落ち物パズルゲーム。
スーパーファミコンで発売された。
(Wikiより)

<参考ゲーム>
CosmoGang_.png
(C)namco「Cosmo Gang The Video」(スーパーファミコン)

SAのダウンロードは こちら

※ダウンロードの前に、必ずガイドラインをお読みください。



SA-294 妖怪道中記 (PCE)
【SA-294 妖怪道中記】
1988年 - ナムコ(現・バンダイナムコエンターテインメント)
「妖怪道中記」より
「たろすけ」のSAです。

YoukaiDouchuuki

道中の様々な行動によって、エンディングが異なる
マルチエンディングを採用した横スクロールアクションゲーム。
地獄巡りという絵巻風の独特な雰囲気だがナムコらしいポップな
ゲームとなっている。

たろすけ
いつも村の人に悪さばかりしている少年たろすけは、
神様にお灸をすえられ、眠っている内に地獄の入り口まで
運ばれてしまいました。
閻魔様の裁きを受けるべく生きながらにして地獄巡りをすることに
なってしまったたろすけは、神様から「妖怪念力」を授かり、
運命を切り開くべく、妖怪蠢く地獄世界を練り歩くのでした。

今作で人気となった「たろすけ」を使ったゲームは
このほかにも、『球界道中記』(1990年)という野球ゲームや
『F1道中記』(1990年)というレースゲームも発売されている。
(Wikiより)

<参考ゲーム>
YoukaiDouchuuki _
(C)namco「妖怪道中記」(PCエンジン)

SAのダウンロードは こちら

※ダウンロードの前に、必ずガイドラインをお読みください。



SA-293 スプラッターハウス (PCE)
【SA-293 スプラッターハウス】
1990年 - ナムコ(現・バンダイナムコエンターテインメント)
「スプラッターハウス」より
「リック」のSAです。

Splatterhouse.png

有名ホラー映画に登場しそうな見た目の主人公『リック』を
操作し、さらわれた恋人ジェニファーを救出するため、
館に巣喰う化け物を倒してゆくアクションゲーム。
これまでのナムコの得意としたコミカルやポップな手法とは異なり、
残虐性・暴力性を前面に出した作品であり、
ナムコ全体の作品内においても異色の存在といえる。

リック
大学で超心理学を専攻していた主人公のリックと
その恋人ジェニファーは、「スプラッターハウス」と呼ばれる
怪物が徘徊する恐怖の館に足を踏み入れてしまった。
そして、たちまち怪物たちの魔の手が伸び、リックはなす術もなく
打ちのめされ、ジェニファーは館の奥へと連れ去られていく。
絶望と共に薄れ行く意識の中、何者かがリックに呼びかけた。
その声の主は「ヘルマスク」。
古来より覇者と共にあり、身につけし者に強大な力を授けてきた
伝説の仮面の精霊である。
呼びかけられるままヘルマスクを身につけ超人的な身体能力を
手に入れたリックは、ジェニファーを救うべく忌まわしきスプラッター
ハウスの奥底へ足を踏み入れるのであった。

他機種にも多く移植されている人気作品だが、
ファミコンに移植する際、ハードの性能上内容をそのまま
移植するのが不可能だったことや、原作にかなり過激な残酷表現が
含まれていたこともあり、キャラクターがSD化され、アクションも
残酷描写を排して簡潔化された内容になっており、タイトルも
『スプラッターハウス わんぱくグラフィティ』として発売されている。
(Wikiより)

<参考ゲーム>
Splatterhouse01_.png
(C)namco「スプラッターハウス」(PCエンジン)

SAのダウンロードは こちら

※ダウンロードの前に、必ずガイドラインをお読みください。




 メッセージボード

- Information -

初めての方は左記カテゴリより、<お知らせ>の「ガイドライン」を必ずお読みください。

ファイルについては
<お知らせ>の「ファイルの取扱いについて」を必ずお読みください。

不具合等、何かありましたらコメントか 下記メールフォームよりお知らせください。



-- E N D --
.
.

 シンボルアートアルバム

 ブログ内キーワード検索

 メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 リンク

お友達のサイトさん


このブログをリンクに追加する

 RSSリンクの表示

 QRコード

QR

 『ブロとも申請』はこちら♪

この人とブロともになる