FC2ブログ
PSO2 SA BOX
(C)SEGA「ファンタシースターオンライン2」で作成したシンボルアート(SA)を紹介するブログです。主にレトロゲームのキャラクターを作成しています。
 プロフィール

ほっとよう

Author:ほっとよう
PSO2 Ship8
プレイヤーIDネーム ほっとよう

【お知らせ】
アークスカードでも
SAを公開しています。
Ship8ビジフォンより
プレイヤーIDネーム
ほっとよう で検索!

※SAは個人で楽しむ事を
目的に作成しています。

Twitter
@Hotyou_takumisu

『PHANTASY STAR 
ONLINE 2』
公式サイト
http://pso2.jp/

 カテゴリ

 最新記事

 月別アーカイブ

 最新コメント

 最新トラックバック

SA-277 決闘トランスフォーマー ビーストウォーズ (GBC)
【SA-277 決闘トランスフォーマー ビーストウォーズ】
1999年 - タカラ(現:タカラトミー)
「決闘トランスフォーマー ビーストウォーズ」より
「ライオコンボイ」のSAです。

LioConvoy.png

2頭身になった『ビーストウォーズ』のキャラクターが闘う
対戦格闘ゲーム。
同社から発売されている『熱闘シリーズ』の流れを組んでおり、
格闘ゲームのフォーマット等はそれらを踏襲している。
ビーストウォーズの特徴として”ビーストモード”に変身して
闘うことが可能だ。

ライオコンボイ
サイバトロン宇宙警備隊惑星ガイア方面軍司令官を務める。
当初は「コンボイ」と呼ばれていが、小惑星のSOS信号に
見せかけたデストロンの罠からアパッチの船を庇い、
自身の船は惑星ガイアにまで飛ばされてしまう。
ガイアの大気で死にかけるも白いライオンと
アンゴルモアエネルギーに助けられたことで九死に一生を得て、
白いライオンをスキャンし新たな姿と「ライオコンボイ」の名を得た。

このほかにもサイバトロンから
水中工作員スクーバ、密林巡査員チータス、元祖総司令官コンボイ、
ハイパーボクサー スターアッパーが
デストロンから
破壊大帝ガルバトロン、破壊公爵メガストーム、恐竜参謀ガイルダート、
元祖破壊大帝メガトロン、ガイア監視員アルテミス、
ガイア監視員ムーン から選んで対戦する事ができる。
(Wikiより)

<参考ゲーム>
LioConvoy_.png
(C)TAKARA「決闘トランスフォーマー ビーストウォーズ」(ゲームボーイカラー)

SAのダウンロード こちら

※ダウンロードの前に、必ずガイドラインをお読みください。



スポンサーサイト



SA-145 トランスフォーマー コンボイの謎 (FC)
【SA-145 トランスフォーマー コンボイの謎】
1986年 - タカラ(現:タカラトミー)
「トランスフォーマー コンボイの謎」の4連SAです。

CONVOY.png

「トランスフォーマー」と呼ばれるロボット生命体が、
正義の「サイバトロン(AUTOBOTS)」と悪の「デストロン(DECEPTICONS)」に
分かれ、抗争を繰り広げるという大人気変形ロボット玩具を、1986年12月3日に
タカラ(現:タカラトミー)がファミコン参入第1弾ソフトとして発売した。

ゲームはデストロン軍リーダー「破壊大帝メガトロン」との一騎打ちの際に
重傷を負ったサイバトロン軍総司令官「コンボイ」から総司令官の証として
英知の結晶“マトリクス”を託された主人公「シティーコマンダー・ウルトラマグナス」を
操り、デストロンを倒していく、というものである。
しかし本作は「トランスフォーマーのゲーム」という点より、「非常に難易度が高い」
という点で知名度が高く「敵弾がほとんどみえない」「敵に弾が当てにくい」
「とにかく1発死」など、クリアは困難を極める。
そして、ゲーム中の「スタースクリーム」ら主要メンバーの退場や、「コンボイ」の死、
「破壊大帝メガトロン」が「ガルバトロン」になる経緯などは一切触れられていない。

このゲームもまた複数存在する『トランスフォーマー多重世界』のひとつであり、
原作と乖離したゲーム内容もオルタニティの世界(未来の高次存在)からの
干渉のためだったとされている。(Wikiより)

<参考ゲーム>
CONVOY_.png
(C)TAKARA「MYSTERY OF CONVOY」(ファミコン)

SAのダウンロードは こちら

※ダウンロードの前に、必ずガイドラインをお読みください。


SA-029 スペースハリアー (FC)
【SA-029 スペースハリアー】
1989年 - タカラ 「スペースハリアー」より
「ハリアー」のSAです。

space_harrier.png

もとは1985年にセガが発売したアーケードゲームで、
ファミコン版は1989年にタカラにより移植され発売された。
このファミコン版はアーケード版ではなくセガマークIII版をベースにしており、
全体的にキャラクターが小さく設計され、ハードウェア、メモリ容量などから、
一部のBGMやボスキャラクター、ハリアーのボイスなどがカットされた。

遥かな宇宙の果てにある平和なドラゴンランドは、
凶悪な魔生物に襲撃により、今や魔生物や破壊マシーンの
巣窟と化していた。
若き超能力戦士ハリアーはドラゴンランドの危機を救うべく、
ショットガンを手に単身、ドラゴンランドへと突入していく。
ハリアーに味方する平和を愛する白い竜ユーライアは、
ボーナスステージではハリアーを背に乗せ、また、最終ステージの
ゲームクリア時にはハリアーを迎えに来てくれる。(Wikiより)

<参考ゲーム>
space_harrier_.png
(C)SEGA「Space Harrier」(ファミコン/1989TAKARA)

SAのダウンロードは こちら
※ダウンロードの前に、必ずガイドラインをお読みください。



 メッセージボード

- Information -

初めての方は左記カテゴリより、<お知らせ>の「ガイドライン」を必ずお読みください。

ファイルについては
<お知らせ>の「ファイルの取扱いについて」を必ずお読みください。

不具合等、何かありましたらコメントか 下記メールフォームよりお知らせください。



-- E N D --
.
.

 シンボルアートアルバム

 ブログ内キーワード検索

 メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 リンク

お友達のサイトさん


このブログをリンクに追加する

 RSSリンクの表示

 QRコード

QR

 『ブロとも申請』はこちら♪

この人とブロともになる