FC2ブログ
PSO2 SA BOX
(C)SEGA「ファンタシースターオンライン2」で作成したシンボルアート(SA)を紹介するブログです。主にレトロゲームのキャラクターを作成しています。
 プロフィール

ほっとよう

Author:ほっとよう
PSO2 Ship8
プレイヤーIDネーム ほっとよう

【お知らせ】
アークスカードでも
SAを公開しています。
Ship8ビジフォンより
プレイヤーIDネーム
ほっとよう で検索!

※SAは個人で楽しむ事を
目的に作成しています。

Twitter
@Hotyou_takumisu

『PHANTASY STAR 
ONLINE 2』
公式サイト
http://pso2.jp/

 カテゴリ

 最新記事

 月別アーカイブ

 最新コメント

 最新トラックバック

SA-302 高橋名人のBUGってハニー (FC)
【SA-302 高橋名人のBUGってハニー】
1987年 - ハドソン(現・コナミデジタルエンタテインメント)
「高橋名人のBUGってハニー」より「ハニー」のSAです。

BugutteHoney.png

ゲーム『高橋名人の冒険島』を原作とするTVアニメ
『Bugってハニー』をゲーム化した作品。
横スクロールのアクションゲームで1面ではハニーを、
2面以降は高橋原人を操作してクリアを目指す。

ハニー
原人のガールフレンドであるハチの妖精の女の子。
空を飛びながらハートを投げて攻撃する。
本作では監禁されている高橋原人を救うべく
STAGE1で活躍する。

高橋原人 (高橋名人)
本作ではキュラ大王によって監禁されている。
ハニーの活躍により救助され、STAGE2以降で活躍する。
得意武器はシリーズでおなじみの石斧。

本作はシンプルな横スクロールのアクションゲームかと思いきや
突然、要所要所にブロック崩しが挟まれる。
これは当初はみどり、ダル、ワンナップの3人組を主役とする横スクロール
アクションゲームとして企画され開発が進行していたが、
開発途中で突如内容を大幅に変更し、ブロック崩し部分は
当初「ピタゴラスの謎」という別のソフトで出される予定だった物を
取り入れることとなったと語られている。 (Wikiより)

<参考ゲーム>
BugutteHoney_.png
(C)Hudson「高橋名人のBUGってハニー」(ファミコン)

SAのダウンロードは こちら

※ダウンロードの前に、必ずガイドラインをお読みください。



スポンサーサイト
SA-301 忍者ハットリくん (FC)
【SA-301 忍者ハットリくん】
1986年 - ハドソン(現・コナミデジタルエンタテインメント)
「忍者ハットリくん」より「ハットリくん」のSAです。

HattoriKun.png

藤子不二雄Ⓐによる漫画作品『忍者ハットリくん』を題材に
したアクションゲームで、副題は『忍者は修行でござるの巻』。
プレイヤーはハットリくんを操作し、現れる敵を倒しつつ、
制限時間以内に鳥居のあるゴールに辿り着くのが目的だ。

ハットリカンゾウ(服部貫蔵)
通称ハットリくん。
伊賀流の少年忍者で、服部半蔵の子孫らしい。
どんぐりまなこと「へ」の字口、頬の渦巻きがトレードマーク。
まだ少年ながらもあらゆる忍術に長けており、ゲーム中では
得意の手裏剣と忍法で全16エリアを目指す。

主人公のハットリくんの他にもシンゾウ、獅子丸、影千代などの
原作キャラクターが多数登場するが、特にライバルであるケムマキは
ハットリくんのライフを全快させてくれるサポートキャラとして登場する。
これは、当初開発側はケムマキを敵キャラとして出す予定であったが、
原作者・藤子不二雄Ⓐの「ケムマキは本当はハットリくんの友達なんです」
との発言により、急遽変更したという事が語られている。
(Wikiより)

<参考ゲーム>
HattoriKun_.png
(C)Hudson「忍者ハットリくん」(ファミコン)

SAのダウンロードは こちら

※ダウンロードの前に、必ずガイドラインをお読みください。



SA-300 桃太郎伝説外伝 (FC)
【SA-300 桃太郎伝説外伝】
1993年 - ハドソン(現・コナミデジタルエンタテインメント)
「桃太郎伝説外伝」より「桃太郎」のSAです。

MomotarouGaiden.png

おとぎ話『桃太郎』を題材にした、ハドソンの人気RPGシリーズの
外伝的作品。
シリーズの有名キャラクターである貧乏神、夜叉姫、浦島太郎を
それぞれ主人公とした3作の短編RPG「貧乏神伝説」「夜叉姫伝説」
「浦島伝説」がオムニバス形式で収録されている。

桃太郎
物語の大まかな流れは、主人公の桃太郎がイヌ、サル、キジを
お供につけて鬼が島の鬼を退治するという、昔話の『桃太郎』を踏襲した
内容だが、物語の中では『花咲かじいさん』や『金太郎』、『浦島太郎』など、
他の昔話のキャラクターが数多く登場する”桃太郎伝説”の主人公。
本作では物語の進行役として登場する。

この外伝の時系列は、『桃太郎伝説II』で桃太郎たちが地獄王をこらしめた
後にあたり、収録作品の1つ「夜叉姫伝説」では1年後であることが作中で
語られている。

なお、PCエンジン版のみタイトルが『桃太郎伝説外伝 第1集』となっており、
スタッフロールでは「第2集」の存在をほのめかす表記もあったが、
その語、第2集が発売されることはなかった。 (Wikiより)

<参考ゲーム>
MomotarouGaiden_.png
(C)Hudson「桃太郎伝説外伝」(ファミコン)

SAのダウンロードは こちら

※ダウンロードの前に、必ずガイドラインをお読みください。



SA-284 PC原人 (PCE)
【SA-284 PC原人】
1989年 - ハドソン(現・コナミデジタルエンタテインメント)
「PC原人」より
「原人」のSAです。

PCgenjin.png

小学館の『月刊PCエンジン』に連載されていた
4コマ漫画を原作にしたアクションゲーム。
PCエンジンでのアクションゲームとして
最大のヒットを記録し、のちにシリーズ化された。

原人
恐竜王国の平和を守るため、
悪の大王であるキングタマゴドンIII世にさらわれた
プリンセス・ドラゴンを救いに行く。
自身の持つ強烈な石頭を駆使した頭突き攻撃や、
原始肉を食べることで、PC猿人、PC変人へと2段階に
パワーアップし、敵を蹴散らす。

タイトルの由来はPCエンジンをもじったダジャレだが
PCの意味については、作中のロゴで「PithecanthropusComputerurus」
(Pithecanthropusは猿人、Computerurusはコンピュータをもじった造語) と
種別のようなものが書かれている。(Wikiより)

<参考ゲーム>
PCgenjin_.png
(C)Hudson「PC原人」(PCエンジン)

SAのダウンロードは こちら

※ダウンロードの前に、必ずガイドラインをお読みください。



SA-261 ドラえもん (FC)
【SA-261 ドラえもん】
1986年 - ハドソン(現・コナミデジタルエンタテインメント)
「ドラえもん」より
「ドラえもん」と「のび太」のSAです。

Doraemon.png

漫画『ドラえもん』を題材としたアクションゲームで、
映画『ドラえもん のび太の宇宙開拓史』、
『ドラえもん のび太の大魔境』
『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』の
3作品をモチーフとしている。

ドラえもんと仲間たち
プレイヤーはドラえもんを操作し、
ショックガン、空気砲、ひらりマントなどの
ひみつ道具を駆使しながら、各ステージに
散らばったのび太、スネ夫、ジャイアンを
集めながら進んでいく。
最終ステージに待つポセイドンに囚われた
しずかちゃんを救出するため、のび太たちと
共に鬼岩城へと向かう。

ドラえもんの世界観を上手くゲームに盛り込んでおり、
隠しキャラクターとして『宇宙開拓史』のチャミーや
ドラミちゃんなども登場する。
また、ゲーム性に加え、グラフィックやBGMも秀逸であり、
今遊んでも十分楽しいゲームである。
(Wikiより)

<参考ゲーム>
Doraemon_.png
(C)Hudson「Doraemon」(ファミコン)

SAのダウンロードは こちら

※ダウンロードの前に、必ずガイドラインをお読みください。



 メッセージボード

- Information -

初めての方は左記カテゴリより、<お知らせ>の「ガイドライン」を必ずお読みください。

ファイルについては
<お知らせ>の「ファイルの取扱いについて」を必ずお読みください。

不具合等、何かありましたらコメントか 下記メールフォームよりお知らせください。



-- E N D --
.
.

 シンボルアートアルバム

 ブログ内キーワード検索

 メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 リンク

お友達のサイトさん


このブログをリンクに追加する

 RSSリンクの表示

 QRコード

QR

 『ブロとも申請』はこちら♪

この人とブロともになる